お知らせ

10月8日寒露 露が冷たく冷たく感じられる

肌寒い朝です、小雨模様の木曜日、きょうの旬や野菜はキノコ  しめじ、エリンギ、マイタケ、椎茸、それに堀たて落花生、珍しいムカゴと芋がら、それぞれに今の季節ならではの野菜達です、秋の一品を召し上がれ。

9月25日 秋分 雷乃声を収む 自然薯のコロナ対策

自然薯の里ではコロナ対策として入り口での手消毒、トイレでの手消毒のお願いと換気の協力を実施しております、店側の対策はウイルスに有効と思われる空気清浄機能付きのエアコンに取り替え、別に対策有効な空気清浄機を2台設置いたしました、しかしながら完全な防御とは言い切れませんので、お客様には食事以外のお話はマスクを付けてお楽しみくださる用にお願い申し上げます、コロナの収束は当分時間がかかるものと思われます、相互に自己防衛をしながら従来とは少し違う形のお楽しみをいたしたいと思います、、、亭主。

9月3日処暑 末候 穀乃登る (こくものみのる)  

今日は朝から台風の影響か秋風の様な風が吹いています、昨日の雨で畑は潤い、花も潤いです、今日の一品は沖縄野菜のヘチマ、塩コショウで炒め鰹節をまぶします、それとジャンボピーマンとしめじの炒め煮、ヘチマはほのかな甘みと苦み、、やはり夏の野菜、、ピーマンは甘みとシャキシャキな食感が滋味、やはり旬を感じる野菜たち。

8月7日 立秋、猛暑になりました、来週13日14日は臨時休業

暦の上では立秋ですが、これからが夏本番の兆し、今朝は日が昇ると一斉に蝉の合唱、余計うだります、感染症が止まらずお盆休みも自粛ムード、なかなか以前の生活リズムには戻りません、自然薯の里は営業しておりますがお客様への消毒をお願いしております、食事いがいのお話はマスクをお付け下さりお楽しみ下さい。

8月13日と14日の両日は都合により休業、15日16日は営業いたします。

少し先ですが旧盆の8月13日14日は店の都合にて休業になります、宜しくお願い申し上げます、                                   亭主。

7月10日 今日は農業体験で貸し切りなります。

トウモロコシ収穫のお客様がいらっしゃいますので、申し訳ありません、貸し切りとさせて戴きます。

7月9日 夕顔の一品 生姜を入れた薄炊き、フレッシュトマトのバジル

今だけの一品、かんぴょうにする前の夕顔をつかった一品です 夕顔の生姜薄炊き   夕顔を角切りにする   鍋に入れて水をひたひたにし、根生姜とパック入りの出汁をいれ(2パック)加熱する   約15分程度加熱し実が透明になれば良い、   味は好みで砂糖、醤油を加え仕上げる、 夕顔とフレッシュトマトバジル添え   夕顔を5ミリx2センチ角に切る   水をひたひたにし、加熱する、   7分ほど加熱し、透明になったらコンソメ顆粒を大さじ1を加え2分加熱   細火にしオリーブオイル大さじ2杯を回し掛けフレッシュトマトを加え強火にしさっとなじませて出来上がり   器に盛りパルミジャーノチーズを削り掛けバジルを添えて出来上がり。

7月10日は貸し切りになります。

7月10日は農業収穫体験のため貸し切りになります。

旬しゅん野菜のじねんじょレシピ エリンギと青実山椒薄炊き

材料 エリンギ2本    実山椒 小さじ1(好みで加減)    Vege de Jitanのかんぴょう 15g    顆粒だし小さじ1    薄口醤油小さじ3    三温糖小さじ1  作り方     鍋に水400CCを入れあらかじめ水に戻しておいたかんぴょう(10分程度)とエリンギ(2分割したもの     を3ミリ程度に薄切りしておく)を中火くらいで7分、煮立て小火にしてから調味料を加え5分煮、最後に     山椒の実をくわえ3分ほど煮立てれば出来上がり、かんぴょう、エリンギは少し食感が残る程度が美味しい     山椒は好みで加減して下さい、山椒は今が旬、実だけでなく若葉を加えても、季節の香りと食味をお楽しみ     下さい、四季の旬を忘れずに。     

6月19日 芒種 梅子黄なり 暦の入梅 

梅雨の月があつて白い花(種田山頭火)梅雨の季節に咲く花に栗の花があります、しとしとと降る雨中、栗の花が咲き散る事から 栗花落 (ついり)と言うそうです、井戸端の梅も文字どうり黄ばみ始めました、今日の野菜たちと雨のあじさい、傍のズッキーニ、

6月6日 芒種 稲などの穂が出る植物の種を蒔く頃

少し梅雨空めいた土曜日、梅雨時の花、あじさいが咲き始めました、今年の6月は暑さが増して朝からムシムシもう27度あります、おかげさまで通常の営業は再開いたしました、お持ち帰りも数量限定で承っております、おかげさまで遠くからも注文を戴き感謝に堪えません、有り難うございました。 季節の移りはブルーベリーの実を付け、ズッキーニの花と実を育て、播種した野菜は芽を出し始めまた新しい刻の始まりです、今日は営業部長の花梨も朝から居眠り、じねんじょの里の始まりです。

6月4日 川村葉子さんのいちごと桑の実ケーキ

栃木愛溢れる川村さんのイチゴケーキです、又じねんじょで出来た桑の実をつかったケーキ、素晴らしい出来映えです、それにシモツカレブランド、ビスコッチ、TOS (渡す、守る)郷土食文化をいろいろな形で次世代まで伝える活動をしていらっしゃいます、じねんじょでも川村さんの菓子工房 こぶし工房製品を予約販売致しますのでご用命下さい。

5月30日 紅花栄う (紅花が一面に咲く様)

5月も今日で終わり、感染症で振り回された5月でしたが季節は関係なく変わ去年より10日早く採れました、今朝から自前のタケノコ、取り立てを今日のランチにお出しいたします、5月の自粛期間、お弁当の販売に御協力戴きました皆様には厚くお礼を申し上げます、当分要望が御座いましたら御注文お受けいたしますのでお申しつけください、又このたび栃木県の野菜ソムリエ川村葉子さんのこぶし工房製品も置かせて戴くことになりました、野菜ソムリエの草分けである川村さんの栃木愛で作られた安心で郷土味のあるお菓子とケーキは心に響く味わいが感じられます、是非お求めください。

5月29日 蚕起きて桑を食う(蚕が桑の葉を一杯食べ

小満 初候 蚕が桑の葉を沢山食べて育つ頃、(まゆ一つ仏のひざに作るなり、)小林一茶、木の葉取りの月、といい蚕のえさの桑の葉摘む頃、初夏の様な日差しのじねんじょの里、新じゃがの味噌絡め、小カブと新玉ネギのバジル和え、ひと品です。昼の営業は再開しましたが夜は6月中頃を予定しています。

5月21日 小満(しょうまん)命が次第に満ちてくる

曇り空の日和、昨日と今日は肌寒い日です、寒暖の差が激しく、野菜たちも季節を間違え、植えたばかりの野菜が花芽を付けてしまいました、勘違いなのでしょう、今日は大きく成った蕪はエゴマオイルとバジルで和え物、畑のアシタバは豆腐の白和え、新じゃがの豆芋は茹でて自家製味噌を絡めた一品で、、、。

5月16日立夏 末候 竹笋生ず(たけのこしょうず)

タケノコの旬が訪れると、芳しい野の香りやしゃっきりした歯応えの季節を感じます、出回りは孟宗竹のタケノコですが今年はことのほか盛りが早くもう終わりの風情です、畑でも季節が早くなるようでズッキーニもすでに花を持ち実を付けました、今日からお店を再開いたします、曇り空ですが初夏の緑をお楽しみにお越しください。追記、5個置いたミツバチの巣箱に2箱営巣したようです。

5月14日の週、14,15,はお弁当、16,17は店舗営業

感染症の自粛の週間でしたが14日から一部解除になります、それに伴いお店の営業は16日、17日、と営業を再開いたします、もう初夏の風情ですが季節の移り変わりがすっかり見られます、どうぞそんな風情をお楽しみにお越しください。

5月8日 立夏 竹笙生ず。たけのこがでるころ。

いつの間にか立夏になりました、いつもならタケノコはこの頃が盛りですが今年はもう終わりの季節、5月初候なのにもう気温は25度の日もあります、季節は一月も早い気がいたします、感染症も少しずつ治まりかけているよう、じねんじょではまだお弁当ですが、野菜弁当は豆腐ハンバーグとタケノコ、で立夏を楽しんでいただきます。

4月30日連休ですが、、お弁当のみの営業です。

素晴らしい五月晴れ、出かけたい気分ですがじっと我慢、、、こんな時間は心の刺激を掘り起こして見るのも良いかもしれません。

4月26日穀雨、葭始めて生ず、今日のお弁当は豆腐ハンバーグ

外出自粛の日曜日、上天気です、出かけたい気持ちですよね、でもじっと我慢の家ご飯を、、、今日は取り立て野菜と豆腐ハンバーグが主役です。

お知らせ、4月19日の営業は貸し切りになります。

申し訳ありませんが19日の営業は貸し切りになりますのでテイクアウトのお弁当をご利用いただけると幸いです、

お知らせ、4月20日から5月6日の営業、お店にての営業は自粛

お客様にお願いいたします、コロナ感染予防のためお店にての営業は自粛させて戴きます、その代わり特性のお弁当を販売させて戴きます、季節の野菜たっぷりの彩りは変わらず旬の免疫力を詰めたお弁当をご利用いただければ幸いです、宜しくお願い申し上げます。 野菜弁当 ¥650 たっぷり野菜追加の場合は¥1000 野菜かれー弁当¥600 おやまぶたとろろ弁当¥650 おやまぶたステーキ丼¥1200 になります。