大地のかほり農業日誌

11月20日 大地のかほりで展示会に出展 ベジデジタン

大地のかほり、の新商品です、美味しい時期の乾燥野菜、かんぴょう、パパイヤ、人参、大根、ほうれんそう、有機栽培にこだわった野菜たちを美味しいまま乾燥化しました、水に戻してすぐマリネやサラダで召し上がれます、名前のとおり、時短で野菜が食べられます。

10月4日大地のかほり農業日誌 今年もすみました。

今年の刈り入れも無事にすみました。

大地のかほり農業日誌9月15日

9月15日、稲刈りの合間、小ナスとかぐらなんばん。

大地のかほり農業日誌、かんぴょう製造作業とこれからドローンの活用の圃場

剥かないかんぴょうを製造中、それにこれから高専さんと行うドローンの活用の圃場。

大地のかほり農業日誌 7月21日 かんぴょうの加工作業

かんぴょうの加工が最盛期、今年は思いのほか生育がよく加工が間に合いません、毎日大玉で50個加工です。

7月10日 大地のかほり農業日誌 ドローンの活用

昨日 某学校との打ち合わせでドローンの活用を試みることになりました、昨日は初回、ドローンを見せて戴き可能性を検証、農業分野では無限な活用を感じます。

7月10日 大地のかほり農業日誌

かんぴょうの(ゆうがお)収穫と加工が始まりました、日照時間が少ない状況ですが生育は順調です、しばらく忙しい時期です。

6月20日大地のかほり農業日誌

定植後のかんぴょう、生育は順調です、7月に入れば収穫ができそうですね、一気に忙しくなりそうです。

大地のかほり農業日誌 6月3日 芒種 (ぼうしゅ)

芒種とは、稲や麦など穂の出る植物の種を蒔くころのこと、稲の穂先にある針のような突起を芒(のぎ)といいます。4月31日に定植したかんぴょうがもう少しずつ大きく這え始めました、今日は延びた蔓をそろえ芽欠きします、小さな実生を持ち始めました。

5月11日 立夏  代掻き、田植え、麦刈り

コシヒカリは田植え、あさひのゆめは代掻き、麦はもうすぐ刈り入れ、農作業つまり気味。