店主の日記

8月26日処暑 初候 綿はなしべ開く

今日も真夏の雲行きです、この暑い日々に自然薯の里の日本ミツバチ達は、元気に巣箱に羽から風を送り巣箱を守っています、人間の能力を遙かに超えていますね、、自然と一体の力を感じます、涼しくなれば初めての採蜜、、楽しみです、また何かレシピを、、、免疫力のある一品を、、皮算用を妄想いたします。

8月2日 大暑 土潤いて蒸暑し 

八月になりました、昨日梅雨明け、今日は晴れ間がのぞきます、営業部長も居眠り、ああ~草が~休みは草取りに専念 またコロナが広がり始め心配です、お店の方もあまり大人数では心配ですのでお二人程度でお越し戴けますと十分な間隔が保てます、それから入店時消毒を、、

7月3日 夏至、半夏生ず。半夏(からすびしゃく)が田に生え始める頃。

梅雨の合間、夏至から数えて十一日目が半夏生、田植えを済ませた農家が休息をとる日がこの日とされています、香川では田植えや麦刈りを手伝ってくれた人たちに饂飩を振る舞う習慣がありこの日を饂飩の日としたそうです。今日の風景、野菜たち。

4月11日 清明、鴻雁北へかえる、暖かくなり雁が北へかえるころ

極端な三寒四温が続いています、それでも温暖なのですね、今年は思川桜が2週間ほど早く満開です、自然は敏感なのですね、今年の花は心なしか花の色が薄いように感じます、自然薯の里はお客様が少ないのですが窓を開け、席の間隔を開けて変わらず営業しております、ゆったり隣の畑の菜花と青葉の勢いを窓越しに楽しみに、、、。